2007年12月07日

サン・テミリオン売れ筋






2079
シャトー・サン・ドミニク 2003
物凄い人気!!注文殺到の激安旨!!本年一月ご紹介時はなんと3120本が発売一ヶ月で完売!!。待望の再入荷分も瞬く間に3420本完売!!なんとなんとさらなるお買い得価格でのご案内です。爆発的人気!!600本が僅か6日で完売!!さらに60本追加入荷いたしました。今回も早期完売が予想されます。何卒、お早めにお求めください。2007.12.6赤750ml樹齢21年のメルロー75%、カベルネ・フラン14%、カベルネ・ソーヴィニヨン11%なんとなんと、このワインを造りしは、フランス・ボルドーは第一級格付け筆頭シャトー・ラフィットを所有するバロン・エドモンド・ロートシルト氏。世界に名高いロートシルト家5人兄弟の中で、ラフィットを1868年に購入したバロン・ジェームス・ロートシルト氏の末裔で、ワインのコルクには、その証拠としてロートシルト家にのみ使用が許可されている【5本矢のマーク】が燦然と輝く、まさにボルドー最高峰の刻印!!。しかも、醸造を担当するのは、なんと今や数万円の価格を付ける本家本元シャトー・ラフィットを造る醸造チームが担当!!。しかもしかも、その醸造責任者として指揮をふるうのが、なんとあの時価十数万円の価格で流通するシャトー・ルパンを造りし、世界屈指の凄腕ミッシェル・ロラン!!。そんなボルドー夢の共演で造られたワインが、『こんなに安くて大丈夫なんだろうか?』と心配してしまうほどの安さ!!、なんと2180円で満喫することができるんです!!。第一級格付け筆頭シャトー・ラフィットを所有するロートシルト家が放つ【当店史上最高の恐るべき怪物ワイン!!】本日は何があっても絶対に買ってください!!。日本初上陸!!当店のみの独占輸入販売となります!!。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ロートシルト家は、ワイン愛好家にとっては知らない人がいない、皆ご存知の通り巨万の富みを持つこと、そしてその投資手腕についても素晴らしい評価を得ているフランス随一の一族。その中でもロートシルト家のワイン部門はいつでも最上・最良ワインを求め、投資先を模索しています。彼らの所有するシャトーは、ボルドー一級格付けの[シャトー・ラフィット][シャトー・ムートン]を筆頭にして、超一流の評価を獲得するシャトーを所有し、ここ10年では、南アフリカ・チリ・アルゼンチンなどでもその手腕を発揮して投資を行ってきました。今回ご紹介のワインは、そんな[シャトー・ラフィット]の現オーナーのバロン・ベンジャミン・ロートシルト氏が新たなの投資先として、見つけ出したまさに掘り出しのシャトー。ボルドーはジロンド河の右岸ピュイスガン・サンテミリオンの地に新たな可能性を見出し、2003年にこのシャトー購入しました。その購入した年から[シャトー・ラフィット]を造る醸造チームが収穫・醸造全てにかかわり、更に世界的にも最も有名なミッシェル・ローラン氏をコンサルタント・エノロジストとして迎えてワイン造りをスタートします。まさにその第一号ヴィンテージが今回ご紹介の[シャトー・サン・ドミニク 2003] というわけです。まさにバロン・ベンジャミン・ロートシルト氏がほれ込んだその美味しい味わいが、ぎっしりと詰まっているんです。コルクに印刷されているのは、ロートシルト家を証明する5本の矢。これはロートシルト家であることの証明として刻印されたもので、ロートシルト家の名に恥じないワインのみが付けられる紋章というわけです。樹齢21年のメルロー75%、カベルネ・フラン14%、カベルネ・ソーヴィニヨン11%を収穫は全て手作業で行い、収穫量も最低限まで抑え、より凝縮感を強めたものを完熟までしっかりと栽培管理します。18ヶ月のオーク樽熟成で出来た味わいは、まさにシャトー・ラフィット髣髴の素晴らしい味わいです。【当店史上最高の恐るべき怪物ワイン!!】是非とも、是非とも、たっぷりとご堪能ください。





5229
シャトー・ヴァンサン・サンクリ[1983](赤ワイン)
■販売実績情報■販売開始から、既に396本完売しました!(2007/12/4) このワインの名は、シャトー・ヴァンサン・サンクリと言います。もしかして、この名前で『ピン!』と、来た方もいらっしゃるかも♪そう、実はこの造り手、既に以前入荷の1995年で、その良さはお墨付きの信頼の置ける造り手なんです。そして、今回の1983年も試飲済みで、そのお値打ちは実証済み! 【味わい】色合いは、とても輝きのある少し褐色の入りかけたガーネットからレンガ色がかった色合い。香りは、スモークや枯葉、ミネラル、土などのニュアンスがあり、熟成感がありながらイキイキとしており、干し柿のような印象もあります。味わいは、アタックは柔らく、干し柿、干しイチジクなどのニュアンスや、土、湿った草のような感じもあり、徐々に、なつめ、紅茶、ウーロン茶などの熟成した印象が広がります。口の中で含んでいると、干しプラムやアプリコットのような甘酸っぱいニュアンスと、細かでしっかりとしたタンニン、黒鉛を思わせる香りなども感じられます。暫くすると、グンッ!とワインそのものの甘みも出てきて、少しの時間でその寿命が終わってしまうようなタイプでなく、芯の強さがあり、味わいに伸びが感じられ、落ち着きのある滑らかさ、安定した味わいが楽しめます。開けたてはまだやや固めなところもありますが、段々と柔らかく香りも開いてきて、ジックリと楽しめる、価値ある一本です。 この年代でこの味わいが、この価格、逸品です!シャトーの名誉をかけて、祖父に敬意を表した貴重な蔵出し1983年、入荷!





3129
ヴュー・シャトー・サン・タンドレ 2003
物凄い人気!!前回は1236本が発売3日で即完売!!。まさに奇跡とも言える再入荷です。物凄い人気!!早くも2220本完売!!さらに60本追加いたしました!!こんな超幻、しかも世界屈指の凄腕が秘蔵する超幻を手に出来ることなんてこの先決してありません!!。10年後の分まで含めて、たっぷりとたっぷりとまとめ買いしてください!!。2007.12.4赤750mlメルロー主体、わずかにカベルネ・フラン樹齢30年(ペトリュスは樹齢35年)ブドウは全て手摘みで収穫後、ペトリュスと同じく内部コーティングしていない小さなコンクリート・タンクで発酵され、その後オーク樽(新樽比率10%)で14ヶ月熟成(ペトリュスは新樽100%20ヶ月熟成)しリリースされる、2980円にして恐るべしコストパフォーマンス!!。まさに醸造責任者が手塩にかけた虎の子の幻です。あの感動の大当たり2003年がまた飲めるんです!!フランス重要評価誌[クラスマン]が、本家本元ペトリュスにほぼ完璧なる【9.5/10】点を付けたほどの奇跡の超大当り年で、その味わいの素晴らしさは大反響を呼び、なんと発売わずか3日で1200本が全量完売!!もう二度と入手することはできないだろうと諦めかけていたんですが、インポーターさんが現地シャトーの秘蔵在庫の買い付けに成功、真っ先に当店に案内をしてくれたんです!!。あらためて試飲をしてみたのですが、さらなる2年間の熟成を経たその味わいはまさに完璧!!あまりの美味しさにスタッフ一同、暫し茫然となってしまったほど・・・『まさかこの2003年に再び巡りあえるなんて・・・』これこそ奇跡の入荷という言葉以外ありません!!。





9980
シャトー クロ・ド・サープ '67Clos de Sarpe [1967]
ワイナート誌22号で、質実剛健、長期熟成型と紹介されています。97年にリコルクして、その後リリースされました。メルロー70%、カベルネ系30%のセパージュです。





2499
□最大80%!年末在庫一掃セール!! [1997]ル“D”ド・ダッソー
[1997]ル“D”ド・ダッソー 【産 地】フランス/ボルドー地方サンテミリオン地区【タイプ】赤/フルボディ【品 種】メルロ74%、カネルネフラン16%、カベルネソーヴィニヨン10% インラインフレーム使用 【071130ドカン5倍】





9980
リオナ '70Lyonnat [1970]
このアペラシオンの中ではかなり評価が高く、各種賞も受けた事があるシャトー。蔵でゆっくり熟成させて、最近出てきました。液面は高く、エチケットもピカピカです。生まれ年のプレゼント・贈り物にも最適。





13650
≪高得点≫シャトー・パヴィ[2004]【パーカー95縲・7点】.
Ch.Pavie [2004] ■産 地 フランス/ボルドー/サンテミリオン グラン・クリュ 第1特別級B ■品 種 メルロー 60% カベルネ・フラン 30% カベルネ・ソーヴィニヨン 10% ■容 量 750ml ■タイプ 赤/重口 ■パーカー 95-97点 ■スペクテイター 点 ■ラッピング承ります■ のし、リボン、ギフトBOXなど取り揃えてます。 Wassy'sでは、全日本ギフト協会認定講師:鷲谷紀子が、あなたのギフトをコーディネート! 【ラッピングご希望の方はコチラから】 ギフトBOX(1本用/2本用)、オリジナル木箱(1本用/2本用)、オリジナルラッピング。 ギフトBOX/木箱は、のしかリボンが選べます。





3444
シャトー・テシエ 2003
遂に待望の入荷です!!物凄い人気!!早くも2328本が完売!!。さらに36本追加入荷いたしました。秘密裏に分けていただいてのご紹介ですので、皆様には何本ご紹介できるか、未だ確定しておりません。何卒お早めに、たっぷりとまとめ買いしてください!!。 2007.12.5赤750mlメルロー75%、カベルネ・フラン25%味わい:フルボディ【超ド級】幻の怪物ワイン!!ロンドンを驚愕させたあの奇跡の味!!あの【ル・ドーム】は一時10万円以上の価格がつく異常熱狂なる熱狂を巻き起こした、皆様ご存知!!、あの[シャトー・テシエ]!!。過去最高とも思える大勢の皆様から、多大なるリクエストをいただき、入荷即完売を繰り返す【超ド級】怪物ワインの中でも最も入手困難なる2003年が、遂に遂にここ日本に上陸してきたんです!!。『もう堪らなく美味しいんです!。濃厚なのに口の中では柔らかくて甘味さえ感じる完熟ベリーの果実味が非常に上品で、口の中に入れておくとフワぁーっと新樽の香りが絶妙のバランスでゆっくり広がって、極めてシルキーなタンニンが感動の余韻を誘ってくれるんです!!』今回の2003年は猛暑のため例年の70%しか生産されなかったため、超入手困難状態になっています。非常に少ない特別輸入の中から、まさに秘密裏に分けていただいてのご紹介ですので、皆様には何本ご紹介できるか、未だ確定しておりません。何卒お早めに、たっぷりとまとめ買いしてください!!。





1449
リベルタン・ド・リュサック [2003] AOCリュサック・サンテミリオン★税込2,079円が30%OFFの⇒税込1,449円の超大特価で大人気★
          もともとの販売価格だってかなり安いのに→さらに600円引き! しかも、超優良年の2003ヴィンテージ! ビターで凝縮感があり、タンニンもしっかりのボリュームワイン! メルロが得意なミッシェル・ロラン氏がコンサルティング!   ------------------------★大人気御礼!★なんと!8ヶ月で累計販売本数1,560本突破です!(11/5)ありがとうございます!------------------------脅威的な販売!おおよそ8ヶ月でこの本数です!!!絶対にお買い得な右岸ボルドー!お手軽価格でも安かったあの実力派ワインが・・・・とんでもない価格になっちゃいました!もう、常識ではあり得ない???なんと・・・ヒロ隊員が美味いと大絶賛していた超掘出し物のボルドー右岸ワインがさらに…激安で入荷出来ちゃいました!!!是非、一度試してみてください!!!「ケース買いしたくなるボルドーワインです」だって・・・この価格はあり得ないからです。通常では、あり得ないというかおそらくこんな掘出し物はちょっとやそっとじゃあ出てきませんよ!もともとの販売価格だってかなり安かったのに・・・今回は、さらに600円引きでお値打ちボルドーの価格にも匹敵しちゃう、ぶっ飛び価格になっちゃいましたからね。どうして、ここまで安くなったの???これが、交渉力ですよ!!!なんてね・・・インポーターさんが、お手軽ワイン館6周年記念という事で赤字覚悟で大放出してくれたんです!そうじゃなきゃ、この価格はあり得ません。。。ヴィンテージは2003年ですよ!!!そして、メルロが得意なミッシェル・ロラン氏がコンサルティングしているシャトーなんです。新樽比率も25%なのに・・・これは、本当に、本当に、本当に凄いんです!!!やや透き通った色合いで、グラスに注ぐとなんと・・・ボルドーらしい、ボリューム感のあるアロマがグングンと香ります。そして、樽のニュアンスも・・・誰が、どう考えても価格とはかけ離れた品質なんです!味わいも凄いですよ!!!ジワジワ広がる果実味は、メルロの美味しさをしっかり引き出したブラックチェリー、カシス、樽がまるで葡萄を包み込むように味わい全体を香ばしく仕上げています。なんでこんなに安いの???それにしても2003年のワインはなんてふくよかな果実味なんでしょう・・・このワインは厚みがあり、そしてタンニンもしっかりしたタイプで、ボリューム感のある味わいです。ビターで、凝縮感もあるワインなんです。最近、こうしたお値打ちなワインがなかなか見つかりませんが、今回のリベルタン・ド・リュサックは、本当にお値打ちで美味しいワインだと思います。しかし・・・本当にこれでいいの???冗談抜きに「近年最高の掘出し物」だと思います。ここまで安くて美味しいボルドーがあっただろうか???何度、考えてもこれ以上お値打ちなワインは見つかりません。っていうか、こんなチャンスは滅多にないですね。このあり得ないお値打ち感をどう説明してよいかわかりません。とにかく、一度飲んでみる価値があると思います!!!あり得ないお値打ちボルドーでお楽しみ下さい!!!-------------------------<シャトー情報>サンテミリオンの6マイルの北東の小さな村の中央に位置する。このシャトーは、パリのビジネスマン(Laviale氏)によって、1999年に購入されました。彼はワイナリーとブドウ園ですぐに大改革をおこないました。ワインメーカーとして名高い、ミッシェル・ロランをコンサルタントとして雇い入れ、醸造施設を一新させました。収穫は、手摘みで行い、温度コントロールの出来るステンレスタンクと昔ながらの木樽で 発酵を行い、木樽にて熟成させます。 新樽率25%-------------------------種類 赤ワイン生産地 フランス/ボルドー/リュサック・サンテミリオン格付 AOC リュサック・サンテミリオン 品種 メルロ80%、カベルネフラン 20%味わい フルボディ容量 750ml【フルボディ】 【人気商品】





4987
ヴァンサン・サンクリ [1983]750ml
ボルドー サン・テミリオン葡萄品種:メルロ90%、カベルネ・フラン10%インポーターの担当の者から電話が入りました。ボルドーのオールドだが、多くのソムリエ達に飲んでもらったところ、とても絶賛されたワインがあると。よく話を聞いてみたところ、サン・テミリオンのワインですが全く聞いたことのない名前でした。とりあえず少し買って味を見ることにしました。到着して見てみると、非常に安っぽいラベルのボトルに少しがっかりしましたが、当店のワイン会でとりあえず飲んでみることにしました。結果は信じられないほど素晴らしい熟成から来る味わいに感動しました。全く僕の好きなボルドーのオールドでした。以前に飲んだ1974のシャトー・ムートン・ロートシルトの味わいを感じました。当然、右岸と左岸では使用される葡萄品種は異なりますが、熟成から来る最終型の味わいはピノ・ノワールのオールドに限りなく近づくと思っています。13℃前後で抜栓・デキャンタージュし1時間くらい置く。エッジが少し落ち着きだした濃いガーネット色、沈丁花、菫、ドライオールドローズ、ドライハイビスカス、カシス、ドライプラム、ドライブルーベリー、ブラックベリー、ドライクランベリー、ドライチェリー、干し肉、鞣革、獣臭、黒胡椒、香菜、丁字、桂皮、セロリ、芹、オレガノ、タイム、ナツメグ、メース、ローズマリー、八角茴香、樽香、コーヒー、煙草、茸、腐葉土、ヨード、森の下草、濡れ落ち葉、枯葉、湿った土、黒い土、ミネラル、最初はサン・テミリオン村名クラスの1983がまともに飲めるなんて正直思っていなかった。柔らかいだけで酷く崩れた物でなければ良いと心配していたが、それは杞憂だった。まだ力強さの残る濃い色合いを持ち、フレッシュとドライが混じる花とフルーツのノートに強烈な獣臭が絡みつくように重なり合って香り立つ。口に含むと驚くほど滑らかで柔らかい。それにしっかりとした香りと味わいの残る果実(フレッシュとドライ)と干し肉、鞣革、獣臭などの肉・革系のニュアンス、数え切れないくらいのハーブ(黒胡椒、香菜、丁字、桂皮、セロリ、芹、オレガノ、タイム、ナツメグ、メース、ローズマリー、八角茴香、樽香)と土・ミネラル系のニュアンス(コーヒー、煙草、茸、腐葉土、ヨード、森の下草、濡れ落ち葉、枯葉、湿った土、黒い土)が絡み合い、融け合い、混ざり合いながら素晴らしい世界を形成している。甘さの残る果実味、薫り高く絡みつくような獣臭、深く沈み込む東洋系のハーブとスパイス、暗く黒いイメージを感じる複雑で深遠な土のイメージだ。それらがほんのり甘く、滑らかで、柔らかく、複雑で、奥深い味わいを現出している。そして時間と共に、綺麗に伸びるアフターを見せ始めた。実に不思議なワインだ。柔らかさと口当たりの滑らかさではブルゴーニュのオールドみたいだが、果実味、タンニン、肉・革、ミネラルの出方はまさにボルドー。サン・テミリオンの村名クラスとは思えない。その味わいは間違いなくグラン・クリュクラスだ。オールド好きの方は、是非お試し下さい。この値段がいかにお値打ちか分かっていただけるでしょう。   H19.10.22





5386
シャトー・ヴァンサン・サンクリ[1983]Ch.Vincent Saincrit
産 地サンテミリオン品 種メルロ90%、カベルネ・フラン10%容 量750mlタイプ赤レンガ色を帯びたルビー色をしています。熟して複雑な果実の香りと、スパイス、スモークが感じられます。しなやかな口当たりで、シルクのように滑らかなタンニンと控えめな酸から、円熟したフィニッシュに続きます。





8799
【初出し特価】【即出荷可能】プティ・シュヴァル[2004](赤ワイン)
ワイン好きの間では、『言わずと知れた』存在のボルドー地方サンテミリオン地区の超優良生産者『シャトー シュヴァル ブラン』。でも、もしかしたら、この造り手の事を、ご存じない方もいらっしゃるかも知れないので、念の為、ロバート・パーカー氏のコメントを引用すると… 【ロバート・パーカー氏のコメント】シュヴァル・ブランは間違いなく、ボルドーで最も深遠なワインである。今世紀のほとんどにおいて、サン=テミリオンの格付けの中で単独でトップの地位を占め、このアペラシオン最高のワインを生み出してきた。メドックの第一級シャトーのワインも、ポムロルのペトリュスも、これほどの柔軟性を備えてはいない。シュヴァル・ブランはオー=ブリオンとともに、ボルドーの『8大ワイン』の中では最も価格の低いワインである。(ロバート・パーカー氏著『ボルドー 第3版』講談社 より ) この造り手が、いかに素晴らしい造り手であるか、ご理解頂けましたでしょうか?でも…このシャトー・シュヴァル・ブランは、高すぎて買えない!というお客様もいらっしゃると思います。そんなお客様に、朗報です♪こんな価格で、セカンドが買えてしまうのです(^O^)v飲んで頂ければ分かるのですが、セカンドといえども、馬鹿には出来ません!是非、このワインで、シュヴァルブランの片鱗を垣間見て下さい!!





4520
シャトー・デステュー[2003]赤 サン・テミリオン グラン・クリュ
品種:[メルロー],[カベルネ・ソーヴィニヨン] パーカーポイント90縲・2点 2003年のデステューは、否定しようのないこのヴィンテージの掘り出し物。私は3回試飲したが、当主クリスティアン・トーリアックがこれまでにこのシャトーでつくった中で最上の作品だ。純粋な粘土と石灰岩の畑に植えられていて、暑い、雨の少ない夏からもそれほど影響を受けなかった部類に入る。2003年のデステューは異例な力強さと芳醇さを持っていて、タンニンは都会的。色は濃い紫色で、アロマは甘草が溶け込んだブラックベリーとカシスの果実味を感じさせる。偉大な純粋さと幅があり、力強く、中間部とフィニッシュに広がりがある。途方もなく強烈で、称賛ににあたいするバランスがあり、明確で45秒続くフィニッシュを伴う。酸は弱く、タンニンは熟しており、アルコールは通常よりも高い。この大柄な2003年には、率直な魅力がたっぷりある。 予想される飲み頃:2006縲・016年 --ボルドー第4版 1ケース(12本入)で木箱のままお届けします。 もちろん送料無料です。 SL22-200606A3K0H05ST00-F デスティユー デステイユー デスティユ【ヴィッセルセール0611】





3864
12/7 00:00縲・4時間限定,全商品10倍ポイント!(23:59迄)マコン・シャントレ アンティーク[1997]DMド・アンセストラ(シリル・アロンゾ)
ブドウ品種: シャルドネDMド・アンセストラ(シリル・アロンゾ): ■ ■自然派ワイン「幻の3本」の伝説の1人!題名 ■自然派ワイン愛好家の幻の3本■これはあくまでも巷でささやかれているものであるが、参考までに以下にそれらを手掛ける3人の生産者を挙げておく。 シリル・アロンゾ エリック・カルキュ ニコラ・ルナール現在これらのワイン(幻3本)は全て生産終了になっている。(柴田書店:自然派ワイン)<ワイン専門家:大橋健一>ビオワインを語る時の究極とも言える造り手の1人が、ずっと「幻」とされてきたシリル・アロンゾ。ビオワインは、この人の名前なしでは語れないという人に、みなさんの中で聞いた事がある人も多いであろう<ジュール・ショヴェ>という人がいます。彼は1931年にノーベル医学生理学賞を受賞したオットー・ワールブルク博士に師事。1950年から1980年頃にボジョレー地区で活躍し、科学的な裏付けを持つ彼の言葉は、その当時のブルゴーニュ中を震撼させるほどの影響力を持っていたとされる人です。またワインのみならず、偉大なフランスの食文化に大きな影響を与えた伝説も残っています。(このページの最下部参照)シリル・アロンゾは、このジュール・ショヴェに続く系譜として自然派の究極を受け継ぐ人なのです。フィリップ・パカレやマルセル・ラピエール等、同関係で重要な人物とも関係を持ちます。シリル・アロンゾは1998ヴィンテージの醸造が最後となりましたが、その造ったワインは「幻の3本」の1本とされるほどに究極のワイン。その後、彼は「ワイン造り」ではなく「ワイン市場」の世界で活躍していましたが、最近になってまたワインをリリース!なんと最新情報の「雑誌」ではなく、普遍的な「専門書」というカテゴリーですら、その事件が記述される異例な注目度!(シリル・アロンゾ氏が)マルセル・ラピエール氏の協力の下、南仏のブドウ品種アラモンから赤ワインとロゼのスパークリング・ワインをリリースする予定がある。(柴田書店:自然派ワイン)<ワイン専門家:大橋健一>それが南仏で造った「?」という異色のスパークリングです。(「?」の詳細はココをクリック!)■ 1998ヴィンテージの醸造が「幻」の最後だったが・・・・ ■狂喜!伝説の彼が唸ったブルゴーニュ古酒を発見!!今回の1997、1998ヴィンテージは、今回のブルゴーニュのプイィ・フュイッセ、マコンは当時彼が造った「幻のキュヴェ」とされていたものではありません。しかしそれは・・・・彼が本来の本拠地であるブルゴーニュのマコン地区のまさにシャントレ村で、当時の素晴らしいワインを発見したものなのです。ブルゴーニュのマコンの最高峰の造り手ジェラール・ヴァレットが当時、契約栽培にてワインを造っていました。その契約で、畑を借りた代償として、彼が造る最高峰のブルゴーニュのマコンのワインで支払っていました。その当時から【約7、8年間】にわたりカーヴの中で静かに眠っていた最高のコンディションの最高峰プイィ・フュイッセ、マコンをシリル・アロンゾが発見したのです! ドメーヌ・ド・アンセストラとして、いわば「シリル・アロンゾのネゴシアンもの」と言えばよいでしょうか。シリル・アロンゾはこのワインを即座に自分で入手!伝説の彼が唸ったというこのワインは、はっきり言って「マコン」「プイィ・フュイッセ」というレベルを超越しています!■ ■偉大なフランスの食文化に大きな影響フランス料理界の中で、世界的にも歴史的にも重要な位置をしめ、1980年代にミシュラン3ツ星レストランの名店のフレンチ・シェフとして名高いアラン・シャペル。このアラン・シャペルがジュール・ショヴェと、ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティを仲介に知り合い、懇意になったと聞いています。その時、アラン・シャペルがジュール・ショヴェの説く理論に感銘を受け、そんな自然派の造り手のワインをたくさん収集し、それらが果たして彼のレストランの翌年のワイン・リストに入れるべきかどうか検討するテイスティング会を一堂に会して行われました。その会では、ジュール・ショヴェを尊敬する様々な造り手がお互いのワインに対して活発に意見を交換し合うという盛大な会になり、アラン・シャペルはその際の素晴らしい彼のフレンチの食事いっさいを全て無料で奉仕したということです!例えば、今では影響力のあるマルセル・ラピエールですが、その当時アラン・シャペルから口うるさく、「ワインのことはジュールに聞け!」「なんでもジュールに聞け!」と言っていたそうです。シリル・アロンゾのワイン





2604
シャトー・クロワ・ド・ヴェルサン[2004]年 AOCサンテミリオンCH CROIX DE VERSANNES[2004]当店オーナーも手に入るものなら絶対にほしいと言っていたあのクロワ ド ヴェルサンの最新ヴィンテージ2004が待望の少量入荷!! プロも注目!! すご縲怩「シャトーが彗星のごとく現わる
※画像は2003年ですが本商品は2004年になりますフランス・ボルドー > メドック・その他部門で堂々の2位獲得!! 年代 造り手 [2004]年 エリック・デグムーア氏 生産国 地域 フランス ボルドー サンテミリオン 村 AOC サンテミリオン タイプ 赤・辛口 フルボディ 内容量 750ml 【赤 フルボディ】 【サンテミリオン AOC】【AOC サンテミリオン】【ガフリエール】【クロワ ド ヴェルサン】【クロワ ド ヴェルサンヌ】【ジャン クロード ベルエ氏】【ペトリュス】
posted by ふらわ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) |  サン・テミリオン